おすすめネットおおいた

 
こんにちは、ゲスト さん

トップページ

おすすめネットとは

お問い合わせ

新規会員登録

クチコミカテゴリー
食べる
住む
おしゃれ
学ぶ
その他

モニターレポート

トップ > モニターレポート一覧 > モニターレポート

【うちだ歯科医院】歯医者さんで簡単クッキング教室

投稿日時
2011.11.19

秋晴れの11月13日

大分市顕徳町の閑静な住宅街の一角にあるうちだ歯科医院さんで

簡単クッキング教室 が開催され、参加してきました。

 

今回の簡単クッキング教室で、第8回目開催になる大人気のお料理教室で、

ご一緒に参加された方も「キャンセル待ちでようやく参加できました」とおっしゃる方もいるほどでした。

私も含め、7名(うち、1組のご夫婦)で料理を作りました。

 

お料理の講師は、うちだ歯科医院の院長先生の奥様。

一時期、ご夫婦ともに体重が気になった時期があり、

一念発起して食事を見なおして、

今では全く内科の病院でチェックされる項目がないそうです。

 

今日のメニューは、

●豆もやしとたくあんの炒め物

●軟骨入り鶏だんご汁

●砂糖不使用のりんごジャム、

 

の三品です。

 

下の写真のお鍋は、お料理教室が始まる前に

あらかじめ煮ておいたりんごです。

 

 

形が残っていますが、この後、自然塩とかぼす果汁を入れて

軽く混ぜただけで、とろとろのジャム状になってしまいました。

 

軟骨入り鶏の肉団子の下ごしらえです。

鶏のミンチに、「やげん」という鶏軟骨を包丁で荒みじんにして合わせます。

 

 

軟骨を包丁で切る作業を初めての作業でした。

二人で担当して挑戦してみましたが、

「ザクっザクっ」という感覚が心地よかったです。

 

「きっと食感も楽しいだろうね」と調理中から

参加した皆さんと盛り上がりました。

 

豆もやしとたくあんの炒め物は

料理教室でも一番人気のレシピだそうです。

今日は参加していませんでしたが、

時々ママと一緒に来る子どもたちが、

「ぼりぼり」爽快な音を立て食べているって聞いて

こちらも調理中から期待高まりました。

 

 

豆もやしを炒めている最中に何度も

「炒め具合を確認してくださいね」と教えていただいたので、

とても上手にシャッキリした豆もやしの炒め物が完成です。

 

軟骨入り鶏肉団子は、スプーンを使って丸くして

出汁の鍋に投入。

野菜も大き目に切って、素材の持っている味を楽しみます。

 

 

うちだ歯科医院の奥様は、素材はもちろんのこと

調味料にもこだわられていて、体に良いものを

できる範囲で取り入れようとする姿勢が感じられました。

 

さすが、7名で分担作業しただけあって、

1時間もかからず作業は終了。

 

皆さんで、テーブルを片づけ料理を盛り付けます。

 

 

ご飯は、玄米ご飯を圧力鍋で炊いた物をいただきました。

ふりかけは、すりごまと塩を合わせたものです。

 

 

鶏団子の鍋には、最後にネギを入れましたが

ほんの少し火を通しただけで

素材の食感を楽しみます。

 

美味しい食事を囲んではいるものの、

参加者さんは皆無口。

 

そうなんです、かみかみメニューは

食材を口で噛むことにとても集中してしまうんです。

ひたすらに口を「もぐもぐもぐもぐ」

ごっくん。

 

噛んで食べる楽しさを十分堪能した後は、

奥様による、食事の豆知識の勉強会。

 

お砂糖1つとっても、

沖縄の素材を使ったきび砂糖は

暑い地方の物なので、体を冷やす作用。

北海道の素材で作られた、てんさい糖は

寒い地方の物なので、体を温めるそうです。

 

何かと冷えがちになる食べ物が多いそうなので、

素材の「陰陽」も気にしてみようと思いました。

 

ためになる知識と、美味しいお料理と楽しい時間。

歯医者さんでクッキングって、イメージがわきませんでしたが

「なぜ、歯医者さんが『食べること』を伝えたいのか」が

よくわかった2時間でした。

 

皆さんも、機会があったら是非参加してみてくださいね。

うちだ歯科医院の先生と奥様、参加者の皆さんありがとうございました。

 

うちだ歯科医院 ⇒ 

https://www.oita-osusume.net/shop/1392